プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

クレーム処理

今日の午前中に高層マンションタイプ団地の入居者様から話があったクレーム処理にいきました。
今年の6月に私といつも手伝ってもらっている仲間とで作業した2LDKの空室クリーニングした現場だったので、「んっ、クレーム?どんな内容??別に問題は無かったと思ったけど・・・、なんだろう???」と思いつつ、オー・マーシー監督と9:00に待ち合わせ。

内容は浴室の換気扇を温風した時にホコリが出てくるというものでした。このタイプの換気扇は換気機能と温風がでる旧式のものです。

開けて見てみるとナショナル製(現パナソニック)の浴室天井埋込用換気扇で横付けタイプのものでした。換気扇のクリーニングは完璧。ですので、掃除屋さんのクレームというよりも構造上の問題でした。
通常、浴室換気扇は私ども(友達も)分解してクリーニングします。しかし、この横付タイプはカバーを取るとファンが下向きではなく、横向きのになっているもので分解するにはメーカーに頼むしかできないものす。(掃除屋さん泣かせです


マンションも建ってから10年を経過していることもあり、換気の時には問題ないのですが、温風(暖房)吹き出しの際に配管に付着したホコリやチリなどが温風吹き出しの際、若干、出てくるのです。対策としては暫く温風で風をを出してファンとフィルターについたホコリを取りのぞくことで対応しました。
将来的にも温風の際、ホコリが出てくることもありうることと、完璧を望まれるなら負担はご自身となりますが、メーカーを呼んで分解してもらうしかないことを伝えました。お客様と監督にはクリーニングでは問題ないことを理解して頂き、事なきをえました。(お客様も恐縮してました)
まぁ、お客様にとっては構造のことまで分からないので仕方がありません。
どんな仕事でもこのようなことはあることです。
大切なことはクレームや問題が起きた時こそ誠実にお応えすることですよね。
未分類 |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

突然のご衣類

今日(10/30)は急な仕事が入りました。午前中、お客様と打ち合わせ中に私の携帯が鳴りました。
当店のホームページをご覧になったお客様で、 「○○株式会社のAと申しますが、1LDKの部屋を今日中に作業できますか?」との事。

今日の今日か・・・。ただ、声の感じからして困っている様子が伺えたので、

恵吉:「現場はどちらですか?」

女性Aさん:「国立市の青柳です。」

既に時間はAM10:00を過ぎています。

恵吉:「今からですと私一人だと時間的に厳しいですが、何時ごろまで作業可能でしょうか?」

女性Aさん:「PM4〜5時までに終って頂きたいのですが…。お願いできないでしょうか。。

女性Aさん:「お部屋全体でなくても水周りだけでもいいのですが

恵吉:「わかりました。スタッフに連絡を取り、私と2名で作業を行います。料金は2人工分。作業開始はAM11:00頃になると思います。また仕事内容も水周りを中心にあとは掃除機をかける程度とさせて頂きますがよろしいでしょうか。」

女性Aさん:「はい!助かりました。よろしくお願いします。」

結局、困っている女性に弱い私は作業を受けました。予定していた午後からの動きは後日にするとして、前雑兵くんに連絡を取り、現場に直行。
部屋に着くと一人の男性Kさん(26〜27歳?)がいました。
5分後、前雑兵くん登場! 前ちゃんがお風呂、僕がレンジフードからスタート!

しばらくすると、例の彼Kさんが、「すいません。掃除機と雑巾を貸してください。」
突然、Kさんが部屋の掃除をしだしたのです。???

作業開始から2時間後、例の男性Kさんが「お茶にして下さい。」と缶コーヒーを買ってきてくれました。(若いのに気がきく)

前ちゃんは車の中でいっぷく。(-。-)y-゜゜゜

僕は、その彼Kさんと休憩中に色んな話をしました。
わかったことは、その部屋は会社が借りており、従業員の社員部屋だったのです。また午前中に電話を頂いた女性Aさんは彼Kさんの会社の事務員さんでした。

Kさんは11月に大阪支店から引越しをする前に掃除に来たのですが、とても素人では手がでない状況に急遽、会社から私の所に依頼をして下さったのです。

風呂のカビ、もらいサビ。シンクの付着した油、レンジフード、ガスレンジの油。トイレの尿責・・・。何を見てもすごい状態でした。
Kさんが汗をかきながら、一生懸命、掃除機かけをしている姿を横目で見ながら、なんか気の毒になり「Kさん、あとは何もしなくてもいいですよ。私どもが作業しますので。」
「あっ、でも、いいんですか・・・。」みたいな会話があったかなかったかは分かりませんが、
結局、『Kさんの引越し祝い・部屋全体クリーニングバージョン』の超ハイスピードバージョンに変身しました!

部屋は結構、広くてキッチンも結構、大きめでした。天板はエンボス(鮫肌)ではありませんが、細かい四角い模様のデザインが入ったオシャレな天板です。
ムッシュムラ・メラで押さえ込み攻撃の後、少し使ったいつもの奴で磨きました。シンクの中は通常通りですが、仕上げはウルトラマンタロウは登場せず、いつもの奴とグラチャンでいきました。
時間の関係もありシンクは1時間で終了。しかしピカピカです。もちろん、水垢などは虫眼鏡で見ても鼻くそ単位でありません。天板などは鼻毛が見えるぐらいになりました。(笑)
Kさんも「いや〜、ほんまに新品みたいになったやんか〜!」と大変に喜ばれていました。
「プロがやると、こんなにキレイになるんやな〜!」とも言われてました。

結局、前雑兵くんは【風呂】・【トイレ】・【建具】・【床(ワックス)】。
恵吉は【レンジフード】・【ガスレンジ】・【キッチン】・【ガラス&サッシ】。
作業時間はAM11時〜PM5時に終了。超、疲れた一日でしたが、お客様のKさんの笑顔が忘れられません。
仕事の帰り道、車の中で、前ちゃんが一言、「お客様、喜ばれていましたね。シンク新品みたいって言ってましたよ。そこらの掃除屋と一緒にされたら困りますね♪(笑顔)」
皆が嬉しい、充実した一日でした。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

銀ちゃん

今日は午前中に来月の定期の打ち合わせに行きました。午後は現場仕事が無いので事務作業と材料の確認をします。
プルルルル
恵吉:「もしもし」

?:「へへへ・・・。007です。

恵吉:「おっ!その声は!銀ちゃん!」

銀チャン:「頼まれてた薬品は、まもなく届くからね」

そうですコヅカ美掃の銀ちゃんからの電話です。
洗剤マニアの僕は水を得た魚のように銀ちゃんに質問攻めで1時間も話してしましました♪

僕のブログに紹介する登場人物は基本的に信頼をする人達が主です。
その中でも銀ちゃんは僕の中でもっとも信頼と尊敬をしている人です。

歳は僕の1つ下だっけかな?性格は僕と一緒で負けず嫌い。(笑)
洗剤や道具など手にしたものは必ず無駄にしません。何らかの価値を見い出す天才です。
マニュアルをアレンジし、銀ちゃん使用にしてしまう能力があります。
また人が考えているうちに既に動いてる実行力の人でもあります。
苦労人で人が乗り越えられない大きな壁も破ってきた凄い人です。そのため、裏表のない人情味がある人物です。

僕は年齢に関係なく尊敬する人には敬語で話します。銀ちゃんは友達なので、普段はタメ口ですが、話が仕事の事になると自然に敬語になっています。(笑)

世界の指導者をみても偉大な人ほど謙虚です。傲慢と戦ってきたからでしょう。銀ちゃんも同じ苦労をされてきたと思います。だから仕事が云々などの小さいことではなく、人間として尊敬できるのです。
全国のハウスクリーナーの憧れの人でもあります。でも本人はマイペース(笑)
友人として言うなら、とにかく身体を大切にしてほしいと思います。(お互い歳なので

銀ちゃんのホームページ
またブログも充実しています。よかったら覘いてみてください。
未分類 |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

初心忘れべからず

今日の午前中は私がハウスクリーニングを創めた時に一から仕事を教えてくれたKさんと久しぶりに仕事をしました。実はKさんが持っていた現場を来月から私が作業することとなり、今日、現場を見にいかせて頂きました。Kさんと会ったのは去年の12月が最後なので、約1年近くなります。Kさんは仕事に対して非常に細かく、丁寧な仕事をされ、その必要性と物の置き方など掃除屋としての基本を叩き込まれました。私にとって恩人です。
しかし、今では仕事の考え方などの違いもあり、仕事でのお付き合いがなかったので、このような形で再会するのも不思議です。

午後からは再クリーニングの依頼があり、急遽、そちらに行きました。作業としては半日で終了。
残念なことにダイノックやフラッシュ貼りのドアなどの建具関係がメラミン攻撃になってました。(お住まいだった人が掃除の時に使ったのでしょう)
白の建具などもキレイになっていましたが、ツヤが失われていました。(残念)
 
クレームという一点でいうと、私個人の考えとして、監督や管理している不動産業者の担当者がOKを出しても、実はその先がある事を忘れないようにしています。その先とは入居される人がいるわけです。あくまでOK判断は「入居者」ということをいつも心において作業していくように決めています。
私はビルメンテナンス業で独立までしたにも関わらず、ビルメン業界を去ったのは「見えない汚れは手を加えない」という(当時の)考え方に限界を感じたからです。
確かにハウスクリーニングを始めた切っ掛けは食べていくためでした。
しかし、銀ちゃんやリンイチさんやボーノちゃんなど、他にも素晴らしい志しを持った仲間との出会いがあり、昔のような熱い気持ちを思いだすことができたのです。
いつまでも、ハウスクリーニングを創めたころの気持ちを忘れずにこれからも頑張ります。
今後、将来もハウスクリーニングという世界で楽しく、イキイキと目標を持って戦っていきたいしね。(身体はキツイですが)
もう10月も終わりです。さぁ!まもなく11月、やりまっせ〜!
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

キッチンクリーニング

今日は公団のキッチンクリーニングと膜天クリーニングの作業をしました。
雨風がヒドイ1日でした。ガラスが決まらないし、ワックスの乾きが遅いし。こんな日もあります。日中は15度前後だったらしい。寒いわけですね。あ〜、これから冬になって水仕事は大変です。(気合いだ!)

空室クリーニングにおいてもキッチンは標準で磨きます。こんな感じです。
10年以上前のキッチンでもこんな感じになります。

最近は前ちゃんがキッチンをやることが多かったのですが、今回は久しぶりに私がやりました。
私のホームページキッチンクリーニングのページを見たある同業者が「あれはホームページの宣伝用だよ。公団をメインでやっていて、あんなのできる訳ないよ!」と言ってたそうです。
まぁ、直接、言われたわけではないので、何ともいえませんが人は色んなことを言います。
何を言われてもかまわないですが、私にとって公団だろうが、在宅だろうが、アパート、マンションだろうが全て同じです。
たしかに施工方法としての時間のかけ方などは工期日数や予算は関係します。ただし手を抜くなどは絶対にしません!引き出しがいくつあるかということです。

銀ちゃんもキッチンシンクについて自身のブログで「周りの人や同業者は良いときしか写真を載せていないんじゃね〜の?いつもやっているわけじゃね〜よ。あんなのできるわけないじゃん。(爆)と笑っています。笑いたい人は笑っていただいて全然かまいません。私は私ですから何の問題もありません。」と言ってます。ん〜、カッコイイ!さすが王者ですね。

また公団ぐらいチャック厳しいところはありません。同じ公団をやっているボーノちゃんも「公団ができない業者に在宅はできないです。」と豪語していました。
よく掃除屋さんの中で「アパートなどの空室専門業者には在宅はできない」と言われてる方がいました。決してアパートなどの空室を下に見ているわけではありませんが、根本的に在宅と空室とではスタンスが違います。在宅はすべての面が評価になるのは確かです。これは掃除の分野だけではなく、畳工事についても同じことが言えます。ただし私が思うに公団はまた別の分野だと思います。
とくに掃除という分野でいうと、【公団ができないと在宅はできない】ですし、【在宅ができないと公団ではクレーム】になります。
膜天クリーニングでは、いつもと違う洗剤と成分を配合しました。結論から言うと「いい感じ」です。もちろん前のバージョンも悪くはないですが、前は即効性があり、ムラが出にくい。
今回の新バージョンは即効性は無いけど、ツヤがしっかりとある。でも、うまくやらないと統一性にかける・・・。
一長一短です。今後も研究です。毎日が精進です。努力の日々です。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP