プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

CFのワックス

先日、銀ちゃんから電話がありました。

銀チャン:「材料屋さんから薬品を買おうと思うんだけど、恵ちゃんいる?」
恵吉:「ん〜、どうしようかな? それじゃ、塩酸と過酸化水素をお願いします。銀ちゃんはリンゴ酸などを買うの?」
銀チャン:「そうだね〜。リンゴ酸は使える奴だし!」
なんて会話があり注文しました。
やっぱ、銀ちゃんと話すと元気がでます!栄養ドリンク飲むより利きます。(笑)
僕もつい仕事を忘れて話しに夢中になってしまいます。銀ちゃん、いつもありがとうです。(感謝)

ところで、都心方面の公団を中心にクリーニングをされている掃除屋さんから聞いた話ですが、「親会社の考えで公団はCFにワックスを塗らないのが今の支流なんですよ。」と言われました。
???

なぜ???

理由はCFが「汚れる」からだそうです。

??????? 正直、僕にはその意味がわかりません。

公団のリニューアル現場でリフォーム屋さん(掃除屋さん)が施工したクリーニング後の再クリーニングを当店がさせて頂くことがあります。たしかに考えてみると、洋室のフローリングにはワックスを塗布していますがCFにはワックスを塗ってません。

「汚れるから」との理由ですが、ワックスを塗ろうが塗るまいが人の出入りがあれば汚れますよ。正直、ワックスの意味が分かっているのかな?

ワックスは光沢を出すだけではなく、素材を保護するためにあるものです。
なるほど、それで公団で僕が入った現場の中に多く見られる現象の1つにCFにシミが多くあるのか!
おかしいとは思っていました。人が生活する程度なのにCFが、よくシミが付着しているんです。
さすがに汚れは落とせますが、シミは限界があります。ハウスクリーニングのレベルではありません。

私の親会社の監督はCFは光沢だけではなく保護も考えて、基本ワックスは塗るように徹底しているので助かっています。

あくまで僕の考えですが、CFにシミが付着して、その都度で張り替えじゃ、コストも掛かって大変ですよね。

ハウスクリーニング業者や企業の都合ではなくて、生活する、お客(人)の都合を考えてハウスクリーニングができるよう意識革命が必要と感じます。

ボーノちゃんも公団をやっているから、今度、色々と聞いてみよう。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP