プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

デザイナーズマンション

春ですね〜。桜も少しづつ、咲き始めました。
今日は当店のホームページをご覧になったS様の御依頼で町田市にあるデザイナーズマンション2LDKのハウスクリーニング+エアコンクリーニング2台です。2日間かけての作業になります。
S様はキッチン、バスルーム、トイレなどの水周りを気にされていました。
「ほんとうにキレイになるのかな??」

バスルームの水垢はサンダー杉山バージョン(笑)で行い、キッチンシンクは研磨スペシャル、
トイレも完全分解コーティング仕上げ。


ガラスサッシは「脚立に上らないと手がとどかないよ〜!」って感じでしたが水垢もきっちりと取り除きました。
超ハードでしたが、仲間にも手伝ってもらい、やりとげました。

          


仕上がりをお客様に見てもらった所、「きゃ〜!素敵!!凄くキレイになるのですね〜!」と大変に喜んでいただきました。
帰りにはハンバーガー(ビックマックより大きいやつ)とコーヒーを頂戴しました。(ラッキー)

やはり在宅や直オーナー物件はお客様の反応が見えるから良いですね。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

貴重な一日

昨日(3/18)、銀ちゃんとサシで飲みました。
二人で飲むのは久しぶりです。
仕事の事から自身の悩みなど4時間に渡り、語り合いました。
銀ちゃんは何でも話せる数少ない友人です。
職人(仕事人)としても、経営人としても、なにより人として素晴らしい人です。仕事の話しでは、技術的なことや今後の展望、新しい取り組み等。そして、人としての生き方や振る舞い方など建設的な話しもしました。


上辺ではなく、本気で本音の話しができて、とても貴重な一日でした。
毎日、仕事が忙しくて睡眠時間が少ない中、付き合ってくれた銀ちゃんに感謝です。ありがとう!
今日も頑張れる。

未分類 |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

阿佐ヶ谷で仕事

今日はヨッシーにお手伝いをしてもらい、恵吉との2人での仕事。そうそう、ヨッシーに確認した所、正しくはヨッシィーと発音するそうです。(何!?)
今日の仕事はカージーからご紹介して頂いたオーナー直の物件です。気に入ってもらえれば今後も繋がるとの話しでしたので、気合いを入れました。(笑)
カージーには感謝です♪いつもありがとう!
恵吉は、どの現場での仕事も手を抜いたりはしません。しかし、引き出しが少ないと職人として未熟といえるかもしれません。引き出しが多ければ多い程、対応能力があり仕事がスムーズに進みます。だから毎日が勉強であり、進化です。また、今までの経験も必要要素のひとつといえるでしょう。
ハウスクリーニングという仕事はその適応能力にこそ、大きな価値があるのではないでしょうか。
こちらのお部屋はタバコのヤニが凄い部屋でした。デジカメを忘れたので携帯で写真を撮りました。
キッチンも若干、ヤバイ感じではありましたが、ご覧のとおりピカピカです
          

          

          

今回はバブル・シャインではなくて、磨き(研磨)で対応しました。バブル・シャインとは違った輝きがあります。
しかし今回は直オーナーの仕事なので、ここまで時間をかけ、手をいれることができました。
オーナー様から部屋をご覧になるのが、少し先なので感想が聞けて無いのですが、喜んで頂けることを願います。
ヨッシィーお疲れ〜!
カージーありがとう〜!

キッチンクリーニングなどの問い合わせはこちらまで

未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

感動

いや、冬季オリンピックよかったですねー♪
やっぱり、スポーツはいいですね。観戦しているだけでもワクワクします。
そうそう、そのワクワクですが、人間にとって感動やワクワク感が無くなるとどうなるか知ってます?
ある調査によると、1年365日は皆、平等、同じですよね。でも、年を重ねていくうちに1年がとても早く感じる人もいれば、そうではない人もいるよね。何故か??
忙しさの違いという理由もあります。しかし、心理学的にいうと、日々の感動やワクワク感が薄れるほど1年が短くなるそうです。
たしかに子供の頃(特に幼少)は、ある事、なす事、感動とドキドキ感があった。年を取っていくうちに免疫ができて、さらに当たり前なことが当たり前と思い、感動が無くなっていきます。同じ繰り返しの日々が多い人ほど1年間が短くなるということでしょうか。

感動ということだと、恵吉が、高校1年ぐらいだったかな?
当時はオーディオブームで、パイオニアとかアイワなどがステレオアンプやスピーカーのCMをガンガンやってた。マクセルのカセットテープもCMやってましたよね。
そのCMに流れるBGMが超かっこよかった!ジャズやインストゥルメンタル等。
その頃かなフィージョンが日本で流行ったのは。
ジャズだけど、ジャズではない。そんな感じのポップな感じが当時は新鮮でしたね。たしかアメリカのビルボードでは、フュージョンはモダンジャズではなく、コンテンポラリー・ジャズと分類されてたっけ。
日本のジャズ界で有名な渡辺貞夫や日野皓正だけではなく、ちょうど、フュージョンブームの影響もあってか、元サディスティック・ミカ・バンド出身の高中正義や高橋幸宏(YMOドラマー)、渡辺香津美やカシオペア。とにかく最高でしたね。そんな中、海外組も良かった。ピアニストのハービー・ハンコック、ギタリストのリーリトナーやラリー・カールトン。
そしてジョージ・ベンソン。もともとはギタリストですが、歌も超上手。1980年に発売された「Give Me the Night」(クインシージョーンズプロデュースにより大ヒット)を耳にしたときは(たしかパイオニアのCM)オッシコ漏れそうになるぐらい、かっこよくて感動した。(笑)
当時の恵吉は音楽といえば矢沢しか知らなかったので、ジャズやフィージョンに出会えて音楽の幅が広がった気がします。(今でも矢沢ファンです。)
面白いことに、ギターテクニックは凄くて、ギタリストの中ではカリスマ性があったChar(チャー)も好きだったけど、あまり夢中になるほどは聞かなかったですね。実は恵吉は、その頃からは洋楽ポップス系にはまっていったから。
そうだ!ハーモニカをメインにしたバンドで30年ぐらい前にオーディオ(パイオニア?)のCMに流れた曲とバンドはなんだっけかな・・・?分かる人がいたら教えてください。
今、昔のアルバムのCDを探してもなかなか無いです。
なんか今日は掃除の話しじゃなくてすいません。話しを戻すけど、『感動やワクワク感』はハウスクリーナーは最高に感じられるよね。その辺はまた今度。(笑)
また明日、作業車からガンガン音楽を流して仕事に行こう!と。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP