プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

暑い!夏!

ん〜,暑いが続きますね。なんか,これから梅雨に入るとか?
夏は嫌いではないですが,東京,とくに多摩方面は湿気が多く,ジメジメしているため嫌になります。北海道みたいに,カッラっとした夏がうらやましいです。
さて,連日,エアコンクリーニングやトイレクリーニングなどのポイントのご注文を頂き,忙しい毎日です。ありがたいことです。

当店のエアコンクリーニングの標準仕様は,
「1,化粧カバー」「2,おそうじ機能ユニット」「3,ドレインパン」を取り外します。
そしてエコ洗剤で2時間かけての作業がエアコンクリーニングをします。

しかし今年から,新たに別メニューで今年から【完全分解エアコンクリーニング】を始めました。
標準クリーニングでも某フランチャイズや大手同業者、また家電量販店の行うエアコンクリーニングと比較されても、当店の標準エアコンクリーニングは細かい分解をいたしますし、時間もかけます。

しかし【完全分解エアコンクリーニング】となると,天然成分100%のエコ洗剤を使っての
「1,化粧カバー」
「2,掃除機能ユニット」
「3,電装ボックス」
「4,ドレインパン」
「5,送風ファン」
「6,ファンモーター」を取り外して,さらに
「7,消臭・除菌仕上げ」を行います。かなりのお得です!
もちろん高圧洗浄です♪
結果はOK!やはり気持ちがいいですね♪

今日は1Kを仕上げてきました。気温は30℃近くあったのかな?部屋で作業しているので蒸して暑くてクラクラしましたね。(笑)
水分補給をしないとバテルので、カチカチに凍らせポカリを持参して,いい感じに溶けてところで飲みながら,八神純子の「パープルタウン」を歌いながらシンクを磨いてました♪

明日は在宅の床のクリーニングとバスルームのウロコ取りです。





エコ・エアコンクリーニングは当店におまかせ下さい。




未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

コヅコヅ工法?と風呂?

この陽気で体調がすぐれません。具合が悪いです。ダラダラしてしまいます。
今日の現場は公団の3K見直しクリーニング。
「見直しクリーニング」とは? 一度,通常のハウスクリーニングは入っていますが,入居が決まったので,入居前の再クリーニングです。
午前中に作業が終ると。。
んっ!?
「もしもし?」
「もう、終ったぁ〜!?」
「誰かと思ったら,銀ちゃんじゃん!」

私の現場の近くでクロスクリーニングに来たらしい。
銀ちゃんは同世代でもあり,日頃から仕事以外のことでも相談します。
やはり10年前とは明らかに集中力や判断力のズレを感じます。身体の調子もすぐれないからでしょうか。特に体調が悪い日などは無駄な動きも多くなってしまう時もあります。(気合いは十分なんだけど)
そんなこともあり,僕のことを心配しては連絡をくれます。
見た目は怖いが,とても心やさしい人です。(笑)(失礼!)

来て早速、床クリーニング『コヅコヅ工法』を伝授してくれました。(笑)
また例の洗剤の使い方や更なる付加価値などの話しなど。
恵吉はS40年生まれ,銀ちゃんはS42年生まれ(学年は1学年違い)の40半ばの,おっちゃんです。熱い気持ちはあっても、物理的に今までとは違います。それを素直に認めた上で、何をどう取り組んでいくかをよく話したりします。互いに違うことのようにみえても実は同じ方向を見ているので,共感ができます。

最近,ある掃除屋さんからお風呂クリーニングについての質問がありました。5/23【エコとオフロ】でも書きましたが,状況にもよりますが,私は基本,酸から入ります。

実は酸から入ると言われるようになったのは今に始まったわけではありません。研究会の会長のryoさんも言ってますが,酸から入るということを提唱したのは,あの伝説のハウスクリーナーの兄さんです。(現在は洗剤屋さん)
私は兄さんのことは直接には知りません。起業塾でも私がお世話になった時代には兄さんは既に放れていましたし,現在ではピアを購入する時ぐらいのお付き合いなので,どういう方かは存じません。しかし,多くのハウスクリーナーが尊敬する方とお聞きしております。

話しを戻しましょう。お風呂で酸から入る理由として,複合汚れの中で,一番に硬い汚れは水あかです。その水あかから攻めた方が戻り作業が少ないということが,ひとつの理由としてあります。
ryoさんも言ってますが,浴槽内や壁面では,一番に漂白苛性で洗うと,水あかコーティングされている場所に色が残って戻すのが難しいということがあり得るということです。
また,酸でタンパク質が固くなるという意見もあります。これについては,浴室の汚れは石鹸カスと水あかが大半なのでそれほど心配しなくてもいいと思います。

酸には面白い要素があります。1つの酸よりも複合酸により効果を上げることがあり,リンゴ酸や・スルファミン酸などが主役を引き立てる縁の下の力持ちであったりします。また複合酸と界面活性剤の組み合わせにより,かなり効果的な洗剤になることもあります。

私が,おすすめするプロの初心者から一流プロにいたるまで,多くのハウスクリーナーをとりこにしている「銀酸」。
また兄さんがメーカーに作らせた浴室用洗剤「最強系洗剤バース君」。
他にも壱徹さんやボーノちゃんなども独自で酸を作って現場で戦っているそうです。
自分で洗剤は作らなくとも,ベトコ商品の複合酸や東昇の商品を使う人。
古くからのやり方で、アルカリから入る場合や苛性漂白、又はケミやブレーク、シルバーなどの商品を希釈してする人。ほかにも,一般商品のお風呂用洗剤のみを使用する業者も数多くいます。
これはその人のやり方なので,なんともいえません。
ただ,私は基本,「酸」から入るということですね。アルカリから入ることが続くと,汚れが酷い時には手に負えなくなってしまいます。

ただ言えることは,何を使おうとお客様に感動と喜びを与えられるだけの感性を身に付ける努力が大前提だと思います。一生,勉強です。来月には考えとやり方が変わっているかもしれないですしね。(笑)


未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

人として

人と話しをしていて、感じたことがあった。“謙虚さ”とは?
策や虚栄、また慢心を捨てた“謙虚な心”。これほど強く美しいものはない。最終的には、その人間性が頼れるようになる。裏を返せば、そこには計算がないから。
また“謙虚な心”には余裕が生まれし、“傲れる心”には焦りのみが募る。

「余裕の人」は自分を客観視し、そこから知恵が生まれ、行動する。信頼と安心感をも育む。ゆえに勢いが出る。
「焦りの人」は正確に物事を見ることができないし、愚痴と不安が増し、周囲には迷いばかりが増す。ついには自分をも見失ってしまう。自分が見えなくなった人に、本来の自分の力も、他人の力も引き出せないのは当然です。

もう一度、ありのままの自分となって、力を出し切っていく。その必死さに信頼は集まり、強固な結束が生まれる。

だが、持てる力を出し切ることは決して容易ではない。人間はどこかで力を抜いてしまう。余力を残してしまうもの。それこそ必死の取り組みがなければ、本当の爆発力と行動力は出てこない。

ポイントは誰が見ていようといまいと、また、誰が何を言おうと、自分は自分らしく全力を尽くしてゆく。探究心と研究心、そして信念。そこに人の強さがある。

策や要領のみの人生は、結局は行き詰まり、自ら墓穴に入るだろうし、人からの信頼も失う。逆に人生の夢に向け、ひたすら行動してゆくところに、最高の充実と満足がある。そこに限りなく力が湧いてくる。

ともあれ、嘘が無い、本当の巣の「自分」を発揮している人は輝いている。また、着実に勝利の人生を築いているように思える。

いい時は何も感じない。悪い時ほど、人の本性が見える。心に余裕がないと人を馬鹿にしてしまうようでは最低。立場を弁えなければ社会人としては生きていけないでしょう。また八方美人は臆病者の証。

人として、信用を勝ち取るには凄い時間と努力が必要です。その逆に信用を失うことなど一瞬の出来事です。
損得関係なく、力をかしてくれることはありがたいことです。
助けあっていかなければ仲間ではありません。
仕事上の関係なのか、仲間なのか・・・。

私は言いたいことがあっても怒りません。子供ではないので。
自分は怒ったら最後、中途半端では終らなくなってしまう。そうしたら皆に迷惑をかけてしまいますから。

納得いかないことなんか、沢山あります。その都度、切れていたら仕事ではなくなります。「努力」がなければ発展は無い。「忍耐」がなければ信頼と成長が無い。「信念」がなければ夢の実現が無い。古臭いと思われるかも知れませんが、この事こそが、人として大事なことです。そうでないと人間は好き勝手になるし、意志が無い機械と同じになってしまいます。

でも最近は、ちょっとのことで直ぐに怒る人が増えたように思えてならない。
これも情報化社会の中での世の中の流れでしょうか?

今日は国立市で3DKのクリーニング。前雑兵くんとヨッシィー君に手伝ってもらいました。ありがとう。お疲れです。


ビフォー&アフターのっけておきます。













明日は1人で公団です。銀ちゃん元気してるかな?電話してみよ〜♪
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP