プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

理系と文系

今月は得意先からの受注が少なく、大変でした。このままではマズイと思い営業をして、新しいお客様も増え始めました。結果、どうにか売り上げも確保できました。しかし、来月にはどうなるかわかりません。まさに戦国時代です。

今までのお付き合いも、「金の切れ目は縁の切れ目」です。業者間でも生きていくためには容赦ありません。
口では団結とか仲間と言いつつ、やはり価格勝負なのでしょうか?

前にも触れましたが、「報告・連絡・相談」という「報・連・相」が企業や組織では生命線となります。個人間や会社間、それがなくなると破壊につながる。リーダー失格です。
やはり全てにおいて自分の行ってきたことが自分に返ることを忘れてはいけない。人は見ていないようで、アンテナをはっています。

私は『掃除屋』と『畳屋』の二束の草鞋です。両方とも手は抜きません。
互いに共通する部分が多くあり、その中の1つに『価値創りの発展』があります。
社会的(評価)価値、価格(問題)価値、労働(条件)価値等。
ここでは多くは語りませんが、「なぜ、なんだろう?」という疑問にこれからも挑戦をしていくつもりです。

一昨日、新しいやり方でクロスクリーニングをしました。例の天然成分100%の洗剤をベースにしたものです。これが最高にヒットしました!
これから住まわれるお客様も大満足でした。あと襖を納めにきた友達のクロス屋さんが「凄いね〜、これじゃ、俺たちは商売上がったりだよ!」と絶賛していました。(笑)
当店はこれからもお客様に喜んでもらえる仕事をしていきます。

先日、特許申請中なのか、特許を取ったものなのか分かりませんが、ある方から洗剤を少し貰いました。成分をしらべましたが、正直、「これ、ありなの?」と思いました。(あくまで個人的な意見です)
アピール的には、やれ、バイオ技術の洗浄なんとかで、謳っていますが成分はどうなんでしょう?
使う企業側も特許がポイントなのでしょう。またブランドや資格が大事で「お客様」や「家」は二の次と考えてるということです。まぁ、私ごときが、人のことをとやかく言う立場でもありませんし、議論もしたくありません。あくまで私個人の感想であり、意見ですから。(笑)
人はどうあれ、ほんとうにユーザーのことを考えるなら、考え方を根本から見直さないと。そういうことも含めて、『価値の向上』の必要性をこれからも訴えていきたい。

政治は駆け引きや妥協の世界。ましては今は衆参逆転している「ねじれ国会」です。ある意味、社会も同じかもしません。ぐじゃぐじゃです。昨日の敵が今日は味方だったりね。その逆もあるけどね。でも、職人の世界や仲間の間ぐらいは、嘘無く付き合っていきたいですね。
私はこれからも正々堂々といき(生き)たいと思う。いざという時には白黒はっきりさせないといけないこともあります。

人間関係も「あの人がいるからもっと努力しよう※1」なのか、それとも「努力よりも自分」なのか。目的を忘れての付き合いは邪道です。相手がどうであろうと自分の思いを見失わず、その想いを“生きる希望”に変えていく、ここに生きる強さがあると思うのです。

掃除も畳も『感性』です。掃除はどの職業よりも幅広い「感性」と「技術の引き出し」がなければお客様に対応できません。だから毎日が勉強です。ある意味、探求という面においては、どんな職業より大変だと思いますし、逆にやりがいがあります。
同じように畳もメートル法での作業では満足な仕事ができない。「感覚」の鋭さがなければいけない。まさしく職人技です。

人の頭は理系だけでは機械的な頭になる。また文系だけでは理想のみになります。理系に対して文系を取り入れる中に“魂”が入る。そこに「人間としての」成長と豊かさが生まれるのではないでしょうか。

掃除の洗剤などの成分は理系。また畳も材料となる農学的にも理系。
しかし、こだわり(哲学)と経営(自営)という観点では文系になります。

とにかく、両方伴うバランスが大切です。そして最大のポイントは「誰のためなのか・何のためなのか」という点だと思います。

おっ!銀ちゃんからの電話だ♪


※1『あの人』とは「お客様」、「仲間」、「家族」、「師匠」など個人の自由ですが、「対自分なのか」「対人なのか」という微妙なとらえ方。『自分中心主義』か『自他共の共存』なのかの違い。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

言い辛いこと

先日、会社を経営している友人がら電話がありました。従業員を抱え、どう人を育てていくか?いくら言っても社員の生活態度が変わらないとか。
仕事はよくやるそうですが、遅刻の常習犯。注意をしても、ついには逆ギレだそうです。そして、すぐに独立をしたがる。独立も結構ですが、根性を見せてもらいたいですね。

従業員の「生活習慣」は経営者としての悩みです。確かになかなか生活習慣の改善というのは、よほどの努力がないと直らないものです。
私も若い頃、失敗をし、反省し、悔しい思いもしました。そして学んだ。
そう、誰でも経験しますよね。
ただ、今と昔の違いは「怒る」ということでしょうか。私の時代には怒る人がいた。そこで「怒る」と「叱る」の違いを覚えた。なぜか。怒ってくれた人の愛情があったからです。
現在は親ですら怒りません。ましては教師はなおさらです。

先月、テレビでこんな場面を目にしました。ある大企業の新人社員育成の対応について、今の時代は仕事内容等で上司から注意をうけたことに対して、新入社員のフォロー担当する役職があるそうです。

「なぜ、部長は怒ったか分かる?」「決して君が憎くて言った訳ではないよ。会社を良くするために注意をしてくれたんだよ。」
今の時代は怒ってはいけないそうです。起業も大変です。せっかく入社しても、すぐに辞められてしまったら困ります。

1つに『教育』があると思います。「小学生の運動会で順位がない」「教師は怒ってはダメ」僕たちの時代とは真逆です。(笑)
受けた教育や環境によって、人はいかに左右されるか。

もう1点は『人材育成』。「友達感覚で対等に」ではいけないのです。同じ目線になる必要性は絶対条件ですが、あくまで後輩の成長にどれだけ心配りができるか。目先の優しさではなくてね。

あえて厳しいことをいうが、最近は自営業(個人事業主)である立場の人が同業者からの応援サポートや請けの仕事を貰う事が当たり前と勘違いしてる人が多く、自分では仕事を取る努力もしない。そして「自分は頑張っている」と勘違いしている人がいかに多いことか。
簡単に独立できるためなのか。別にハウスクリーニング業界のことを言っているのではなく、クロス職人然り、大工ですら。

もちろん、応援に来てもう側としてはありがたいことではあるし、共に頑張っていける仲間でもあります。ただ、1日、1000円稼ぐために、どうしたら仕事を取れるか。その努力は会社員の時とは違うということを理解してほしい。
そうしないと将来、潰れてしまします。私は色んな意味で自分のことを「失敗作」と思っています。だから今の若いメンバーには、心から頑張ってほしいと思います。(余計なお世話かもしれませんが)

せっかく独立しても人の応援ばかりで仕事が当たり前のようにあるなんて思っているのであれば派遣社員と何ら変りません。(あくまで個人の意見ですが)
その上、遅刻や約束を守らなければ、仕事が貰えなくなってしまいます。
皆、よく頑張っているのも理解できる。しかし、頑張っているだけじゃダメ。
人は見ていないようで、よく見ているし、試されることも多々あります。

信用を勝ち取るより、信用を失うことのほうが、一瞬の出来事です。

人を使うというのは難しいものです。究極は自分自身の問題ですね。いかなる立場であっても、一切の感情を、広く、大きく包みこめるだけの度量。そして同じ目標を持ち、相手の心を開き、納得と共感を広げていけるか。それは全て、私どもの器にかかっていると言ってもよいでしょう。その器とは相手の喜怒哀楽に左右されない自分自身の成長しかない。ここに人間学の基本があると思えてならない。人を見て自分の成長があるわけですね。今の素直な気持ちです。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

こころの遺伝子

「こころの遺伝子〜あなたがいたから〜」NHKで毎週月曜日放送中の番組ってありますよね。(2010/3/29よりスタート)

恵吉は結構好きです。必ず見るわけでもないですけど、見ると夢中になります。
7/5放送したノムさんこと、野村克也さん。(前・楽天監督)
野村さんにとっての運命の人は清水義一さん。

◆野村さんは幼いときに父と死別し、母と兄の3人で暮らしていた。生活は貧しかったうえ、家計を支えていた母は野村さんが小学生のときに病で倒れてしまう。退院後、無理をおして働く母の姿を目にした野村さんは「母に楽をさせたい、お金持ちになりたい」と真剣に考えはじめる。そこでたどり着いたのが野球という道だった。

野村さんは兄から学費援助を得て高校へ進学、野球部へ入部した。しかし、野球部は毎年一回戦負けの弱小チームで不良のたまり場。ある日、ついに生徒指導部長の教師が乗り込んできた。この教師こそが野村さんにとっての運命の人となる清水義一さんだった。清水さんは野球部廃部を訴えており、野村さんが野球部存続を頼み込んでも聞き入れなかった。自分の夢が途絶えるかもしれない一大事。必死に打開策を考えた野村さんは、清水さんを野球部の顧問に引き入れることを思いつく。

野村さんは清水さんの子どもたちが野球好きということを知り、試合へ何度か招待した。清水さんはこの機会を通じて野球への考えを改め、顧問を引き受けてくれることに。お寺の住職でもある清水さんは野球の知識には乏しかったが、代わりに言葉で生徒を叱咤激励し続けた。ある時、野村さんは清水さんから「技術の前に人間を磨け」と言われる。この言葉には野球は年を取っても出来る仕事ではない、何よりもまずは人間としてちゃんとしていなければならないという意味が込められていた。

プロになりたい一心で努力し続けた野村さんに光るものを感じた清水さんは、プロ野球チームの監督たちに「一度見に来ていただけませんか」と直接手紙を送った。その手紙を受け、府大会に来場した南海ホークス・鶴岡監督は、清水先生に「ぜひ野村くんをプロテストに」と声をかけたという。

野村さんは南海ホークスのプロテストを受験。結果は見事合格だった。入団後3年目にはレギュラーを獲得、その翌年にホームラン王に輝く。清水さんから毎週届く手紙を戒めに、慢心せずに努力し続けた野村さんは戦後初の快挙・3冠王も達成した。

昭和44年、秋。野村さんは当時最下位のチームで選手兼任監督となる。チームは4年後、リーグ優勝を果たすが、清水さんはその姿を見届けることなく亡くなった。野村さんはその後、現役を引退し、活動の場を評論家へと移す。しかし、選手時代のような確かな手ごたえを感じられずに悩むようになり、評論家・草柳大蔵氏にアドバイスを求めた。草柳さんから「見てくれている人は必ずいるから、本を読んで勉強を続けなさい」と言われた野村さん。その時、脳裏には清水さんの言葉「技術の前に人間を磨け」がよぎったという。さまざまな種類の本を読み漁って知識を広げた野村さんの野球評論には、次第に深みと説得力が増していった。平成元年秋、当時9年連続Bクラスだったヤクルトスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)の監督に就任。豊富な知識を片手に選手たちの意識改革に務め、3年目にはリーグ優勝に導く。以降、チームは3度の日本一にのぼりつめ、ヤクルト黄金時代を築いた。そして楽天の監督、そして現在、野村さんは再び評論家として野球に携わっている。◆(NHK第13回放送より)

これを見て思うことは、人は縁(えん)を大事にし、恩に感じるところに支えと成長があると思えてなりません。

よく「人を見る時に、身なりで判断してはならない」と言われます。
しかし、他人が自分を判断する時、当然、第一印象で大きく左右されます。
それが人間です。なぜなら2日間、たまたま同じネクタイで会社に行ったとする。するとどうだろう、「あそこの奥さんは、だらしがない」と言われる。

自分が「そんなこと言ったら失礼だな」また「何らかしらの理由があるのだろう」と思っていても、すべての人が同じ考えではないわけですね。
それを同じじゃないからといってしまえば、それまでです。
「ほぅ、そういう考えもあるんだな」と思える器の大きな人間にならんといけないと思うことがよくあります。

やはり日本人は「島国根性」があるからね。しかし小さい国だからこそ、そこに意味がある部分もあります。

一方、アメリカなどは他民族の集まりだから、意見を尊重しつつ、自己アピールする習慣がありますね。

話しがノムさんから、かなり明後日の方向にいってしまいました。(笑)
話しを「どう生きるか」ここに焦点を絞りたい。

ある実業家のインタビューで『かっこいいこと、言ったって金持ちにならないと話も聞いてくれないし、言葉に重みもない』と言った実業家がいました。

一方では『金をつかんでも全ての幸せ(心まで)を手にできるわけじゃない』と言った漫画家や音楽家などもいた。

その違いはどこにあるのか?面白い見かたをすると、血のにじむような苦労をして富をつかんだ人と苦労はしたが、マネーゲームのようにして富を得た人の違いがあった。何が言いたいかというと「手段」なのか「目的」なのかの違い。

仕事の上でも、自営だろうが、サラリーマンだろうが、仕事である以上、成果は出さねばいけない。しかし「結果」に焦ると瞳が曇って相手が見えなくなり、本質を見失う。結果、“売れないセールスマン”のように、説得力を欠いてしまう。
挙げ句の果てには、「お客様のため」と言葉を出しつ、「相手を幸せにする」ことを忘れて、「仕事を取ることだけ」が目的となる。
結果的に、単なる会社のための教勢拡大ロボット化になってしまっている。

「『生きていくため』だからしょうがねーじゃん!」
「うん。そうだよね」
「理屈を述べてるだけじゃ、世の中渡っていけね〜よ」
「そのとおりだよ」
でもね、そんな人生で楽しいのかな?

ある有名人曰く、「必ずしも手に職の人が成功するわけじゃない」と。
また、ある著名人は「今の仕事は好きだけど、面白くないから辞めて、第二の人生で道を拓きました」と。

さぁ、あなたはどちらを選択します?
もう一度、自分の足元の位置を見てみよう。そこに幸せがあるかもしれない。

明日は前雑兵くんと2DKの直オーナー物件、1日目。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

おやじ宣言

ご無沙汰しております。ほんと久しぶりの更新です。
いや〜、しかし暑い!毎日、クラクラします。

この夏は例年のような【エアコン祭り】でもないです。やはり昨年、今年のエコポイントの影響でしょうか? ニュース等では大手家電量販店でエアコンが1日平均30台は売れてるそうです。

まぁ、最近は私のところでも地域密着で仕事を行っていることもありますけど、昨年よりはエアコンクリーニングが少ないです。ただ、今年は9月まで猛暑の可能性があるとのことなので、これから動きがあるかも知れませんけど。(笑)

ブログも6/17から書いてなかったので、38日間は過ぎてしまいました。
この暑さと残業の毎日でおろそかになってしまいました。いけませんね。
しかし、この一ヵ月の間、色々なことがあり、色々と考えさせられる日々でした。

「停滞と出発」「決別と出会い」「嫉妬と信頼」「減少と拡大」「現状と目標」そして「無変化から進化」。

その中で、自身で悩んで考え、仲間に相談し意見を聞きました。人から【真面目人間が馬鹿を見る】と思われても今まで同様、【誠実に取り組む姿勢】の考え方には間違いないことも確認できました。ぶれない決心がつきました。

銀ちゃんには日頃、相談を聞いてもらっています。
カージーは年下ですが、何でも話せる仲間です。
ヤマモさんは僕が最も信頼し、憧れの先輩でもあります。この人には究極になった時にいつも連絡します。(笑)
3人とも面白いことに共通するところがあって、その中の1つに〔志が同じ〕という一点があります。そんな仲間や友達に支えられながら生きてること自体、恵吉は幸せな人間だなと思います。

今年は面白いことに、私の関わる現状が白黒ハッキリします。なぜだろうか?
思うに、自身の中で、仕事に対して「3年計画」と「7年結果」という行動があります。あくまで目標の目安ですが、2年と4ヶ月の時点で「3年計画」が達成できそうです。
そうなると次のステップとなります。面白いことに今までもこのサイクルで結果を出してきました。ある意味、自分の「成功への逆算」なのかもしれません。

とにかく、前に進まないと。毎日、暑いですが体調管理には気をつけてガンガンいきまっせ〜!
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP