プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

病気との闘い

毎日、蒸しますね。
暑い日が続きます。
私のお店は8/12〜22までが夏季休暇となります。
「へぇ〜、10日も夏休み?結構儲かってるじゃん!」って思う人いるかな?
実はそうではありません。この10日間前後の入院をすることになり、今ベッドの上です。(えっ!)

自分のことで、お恥ずかしい限りですが、入院のことは言わないでおこうと思っていました。しかし、多くの皆さんからの激励もあり、感謝の思いと決意を込めて、勇気を出して告知をします。

実は私、肝臓を患っていまして、C型慢性肝炎なのです。子供の頃からの病です。ガキの時代に入退院繰り返したことが、性格を捻くれさせてしまったのかもしれません。(笑) そう、キャリアです。

C型慢性肝炎とは治療をしても治りにく、肝硬変まで進みやすい活動型か、比較的治りやすい非活動型かによって、GOT、GPTの値の比率が違ってきます。非活動型では、どちらの数値も50〜60IUの軽度の上昇を示し、活動型では100IUを超え、中等度の上昇を示すようになります。

ウイルスが発症していないとはいえ、肝臓のGOT、GPT
※1などの検査では数値が常に100IU以上は常に越えてました。現在はGOTが100IU、GPTが300IUを越えています。人にもよりますが、かなりキツイのは事実です。(身体は常にだるく、徹夜しているような感じ)
今年の6月に国立市で作業をしたときは、危なかったです。私と前雑兵君とヨッシィーの3名でしたが、途中、意識朦朧となり自分でも何をしているのか分からなくなってしましました。現場にいた2人も私の動きの悪さに「いつもと違うな?」から「何やってんだ!?」っと思っていたそうです。(笑)
まぁ、逆の立場なら分からないでもないし、思うのは仕方がないことでしょう。それで、私も「なんか皆に迷惑かけてるな。一度、病院に行こう」と思い、数日後、病院に検査にいきました。検査の結果は500IUを越えてました。

今は良いとしてもあと10年後はどうなってるかわかりません。私の父は肝癌で56歳で亡くなっています。今、私は45歳。そのことを思うと人事ではありません。医師からもこのままだと肝硬変から肝臓癌になると脅されました。(笑)

正直、悩みました。家庭や仕事など。
しかし、このままウイルスを放置しておくと大変なことになります。
仕事の事などを含めて、銀ちゃんや信頼できる人にも相談をしてきました。

最終的にカミさんと将来的なことも踏まえ話し合い、今のうちに徹底的にインターフェロン療法の治療を受けることにしました。インターフェロン治療は副作用も強く、発熱・頭痛・筋肉痛・全身倦怠感・食思不振・意欲低下等。また髪の毛は抜けたり、うつ病になる人もいます。治療の経過を見て、医師の判断で途中で治療を断念する人もいます。
私の場合、現時点では副作用は微熱程度です。医師からも「恵吉さんの精神力は大した者ですよ」とお褒めの言葉を頂戴しました。副作用もないことから、今日(8/16)は13時〜18時の間、外出が許可され、今、PCの前でブログの更新をしています。

将来的な問題点としては、退院後、治療期間が半年から1年という長期なスパンになるということです。仕事もまだ未知数ですが、どうにかします。
入院中は前雑兵くんが陣頭指揮を執ってくれるので、大変に感謝しています。

銀ちゃんからもメールを頂き「いまは、改善に向けてガンバルこと!病は気からです。まず、ぶっ飛ばす前向きなハートです。頑張って!!」と。
またカージーからもメールを頂きました。その他にも自宅に電話を頂いたり、本当にありがたい。感謝の思いでいっぱいです。

退院したら、さらにパワーアップしって頑張ります!




※1)GOTとGPTは、肝臓病の有無について調べるとき、検診や人間ドックなどで最も一般的に行なわれる検査。

基準値(JSCC法)
•GOT(AST)…35IU/l以下
•GPT(ALT)…35IU/l以下
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP