プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

ガキの革命

仕事中にお客様の前での失敗。まったく経験が無い人なんていないと思います。若い時に仕事の先輩から怒られた。その時は、反発して

(そもそも俺の仕事には向いてないんだよ!)

(なめんな!俺はもっと上に行ってやる!)

(俺、職人でプロだぜ!サービスなんかできないぜ!)

(いつかは、皆をあっといわせる男になってやる!)

そんな僕の表情を見て、「今の時点で一生懸命になれない人間が、将来を語る資格はないな・・・。」

「!!!!」

下済みや遠回りしたことが必ずしも意味がないのか??
けっして、そんなことはありません。かえって、遠回りすることで人には見えない景色を見ることができる。
そのことが人を成長させ、ちっぽけな自分だけの器の殻を破ることができることも多い。実際、世界の偉人たちの多くが遠回りの人生を歩み、激闘の人生を勝ち取った人が多いのも事実だ。

しかし、どうだろう。いつからか世間は効率よくマニュアルを基準に「失敗を最小限に!」を合言葉に人間が機械化してしまったような気がします。
決して「近道」や「効率良く」ということが悪いわけではない。しかし、遠回りしたことが無駄と思うか、価値と思うかの違いではないでしょうか。

従業員がいるとか、いないという形ではなく、経営という観点でものを見ていくとき、経営者と1人親方の違いは?

ずっと施工作業のことばかり考えてきた人は、その道では職人、達人かもしれない。しかし、お客様や業者に対しての対応や言葉づかいや商売であれば接客というものがまるでわからず、失敗ばかりしてしまうでしょう。

最終的には行き詰り、お客様の態度に猛然と突っかかってしまう。
また他のスタッフにグチを言い、ぶつかって喧嘩になる。
失敗を犯す時の頭にある言葉はいつも一緒で、「俺はこの道の一流になるためにある。お客の愛想をふるためじゃない!」
などど、言い訳を言い始める。
このようなことが、私たちの人生においても同じように経験されることは少なくないだろう。
仕事上で自分の期待していた通りのものが用意されなかった。しかし、期待通りのものというのは果たして用意されてきただろうか。

世間は職場などで、意に沿わない仕事をしている人はたくさんいる。また仕事に限らず「自分の期待通りにいかない」ということはいくらでもある。いや、ほとんどの人がそうかもしれない。大事なことは今の境遇をプラスにできるかどうかは本人次第です。

逆に、何か物事を始めるときに最初から思い通りの結果が出せるのであれば、努力も要らないし、思考も必要なく、主体的意思もなくても、みんな富を得ることができるし苦しむ要素が全くなく生きていけるだろう。
しかし、現実はそうではない。そんな甘いものではない。またそれではダメ人間になってしまう。形は裕福に見えても心が満たされず、寂しい人生の幕を閉じる人もいるのも事実だ。

ともあれ、自分の境遇に悲観せずに、それを真正面で受け止める。

その境遇における自分の働きを最大限発揮しようとすることと、

今、学んでいることが自分の夢に対してどのような意味を持つのか、

そして何のための仕事なのか、

それを見出せることができるか。

それ次第で私たちの人生の充実度は大きく左右されるし価値観も変わる。
それ以上に、仕事という人生劇場の中で生み出される仕事を把握していなければならない。

たしかに、その道の達人になることは素晴らしいことだ。しかし、それだけでは身体がきかなくなった時には手遅れだし、業界にぶら下がって生きのびようとしていたら惨めだ。

自分の思い通りの人生が自分に向かってくることを期待してはいけない。
その発想は「あ〜、宝くじ当たらないかな?」という棚から牡丹餅ヤローと変わりはしない。また「本物だけが生き残ればいい」などという、自分勝手な他力本願的でもいけない。

大げさなことをいうと、どのような状況や環境であれ「成功する」こと。
その成功とは自分だけではなく、業界・価値観など多くの巻き込み、社会貢献につながっていくのではないか。

ある人も言ってた。
「選んだものが自分の期待通りであるか否かを考える」ではなく、
「どうやって選んだ道、与えられた道を自分の期待通りのものに作り上げていけばいいのかを考える」べきだと。

それを考えずに、自分の与えられた環境に文句をいい、結果がでないことを環境のせいにする。それではいけない。その環境の中で自分をどう磨き、どう夢に近づこうと考える意思をもたないならばいけないと思う。
そうでなければ、
いくら歳をとっていても、どんなにもっともらしい理想論やいい言葉を言おうが、またどんな大きな夢を持っていようが、「バンビーノ」つまり、ガキってことには変わりない。

※1「バンビーノ」とはイタリア語で赤ん坊を表す
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP