プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

人間という生きもの

人間は多少のトラブルがあっても、打つ手が当たり結果が良ければ仕事の集中力が増します。
逆に打つ手、打つ手が空回りした場合は、とたんに集中力を失い、自信喪失してしまいます。
実はここが最大の分かれ道で、この“負け戦”で何を学び、開いていけるのか。そして地道ではあるけど、しっかり地に足をつけ時間かけて、地味で当たり前の作業(行動)を忍耐強く実践できた人が最後には人の何倍も力を発揮できるものと思います。あらゆる分野で、極めた人の共通点でもあります。

公私共に本当の意味でのその道「プロ(匠)」、「鉄人」、「達人」といわれるようになるまでには、並大抵な努力と時間、そして精神力とそれを補うだけの体力がなければなれません。簡単な話しではないです。

私のような未熟者が言うのもなんですが、ある4つのポイントを押さえてるだけで、大きく人生が拓ける(大げさ?)と思います。これは、自分でも大切にしていることでもあるので内緒です。

人も商売も技(技術)も全てにいえることですが、条件的に自分自身がプロデュースできる立場であれば、「評価は競合ではない位置を占めことが可能だ!」ということです。この基本に目を向けることができれば良いのです。自分と相手との真相心理を揺さぶる演出家になることでです。

私が嫌いなタイプは【嘘つき】と【頭が悪い】人です。(言葉の表現がキツクて失礼しました)
【嘘つき】ですが、「嘘つきは泥棒の始まり」とはよく言ったものです。
ホントそうなんですよね。そしてズルイです。ウソを言い続けると言っている本人も嘘が本当になってしまいます。そのうち訳が分からなくなる。まさしく狼少年です。

【頭が悪い】とは勉強ができるとか、記憶力があるとかではなく、空気が読めない、人の心がわからない、自分勝手な人です。
とは言っても世の中、「嫌いなタイプだからお付き合いしません!」というわけにはいきません。大人ですから。(笑)


逆に私が好きな人は【誠実】と【謙虚】と【勢い】がある人です。
【誠実】は策でもなく、パフォーマンスでは通用しない。ありのままの人間性がでます。見せかけだけでは人の心は動きません。
私は会社のトップやリーダーであれば自分の話を録音してみるといいだろうと思います。聞くに堪(た)えないような話であれば、人に苦痛を与えているのです。
人に信頼を与え、心からの言葉を支える最大の要素とは「真剣」と「勇気」。そして「誠実」しかありません。

【謙虚】といっても、相手の話に耳を傾けることに尽きる。
これができなければ意味が無い。
たとえば、大手企業に勤めていた場合、社内に派閥があるとする。いつも、どちらにつこうか、どう動いた方が損か得か。そんなことばかり考えている。要するに自分勝手な「保身」の生き方。
自分を大事にしてくれるから、こっちについていこう。形勢や体制が変わったから、今度はあっちへつこう。常に落ち着きがなく、自分の利害を中心に機や人目をうかがっている。
自分に根本がなく、自身の「エゴ」が中心。エゴに支配されているだけです。
ここに慢心や傲慢の本質があるのかもしれません。
ある学者や指揮者も「【傲慢】とは【臆病】とセットになっている」と言われている。そして「【謙虚さ】は【勇気】とセットである」とも述べられている。

【勢い】については、『孫子』に、こう綴られている。
「戦闘に巧みな人は、その敵を攻撃する時の勢いははげしく、その攻撃する適切な時期は瞬時である」と。
これは、時を逃さぬスピードと力と知恵。あらゆる戦いの原則。 特に男が勝負をかける時、「ふざけ」や「遊び」は敗北の原因になる。
どんな戦いでも勝負のカギは、まず自分自身が「必ず勝つ!」と腹を決めることだ。そして動くこと。
そして、そのストイックと集中力の中で「楽しく」「喜んで」進むところに勝因はある。その勢いは足し算ではなく、掛け算となり、凄い勢いで前進をしていく。

話しは変わりますが、自分の言葉の「責任」を持てる人こそ、物事に対して積極的に取り組もうとする「覇気」の言葉が自然に発することができると思います。そして人に「希望」を呼びこむことができるのではないでしょうか。

決して傲慢で言うのではなく、あえて言わせて頂きますが、私が波風や大きな壁のぶち当たる中、どうにか現在まで仕事も順調でこれたのは、【誠実】という思いだけです。

その順調さに嫉妬をする人も確かにいます。(笑)
【出る杭は打たれる】ですね。女性より男の嫉妬のほうが、めんどくさい。厄介です。嫉妬は全て臆病が原因なんです。
であるなら、こちらが賢くなって、言わせないぐらいに自分がもっと大きくなることですね。嫌がらず今いる場所でBIGになること。そうすれば、そこで初めて相手も気付くこともあるのかもしれない。

これが、一番最初に言った「“負け戦”で何を学ぶか」ということにも共通する点ではないでしょうか。
志が一緒なら大丈夫。頑張ろう!
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

反省があるから前進もある

「災い」が起こるのは言葉からが原因というのが通例です。
逆に「幸い」は心からの思いから生まれると言います。

ある人から、仕事上のことで、「ここだけの話しですが、言わないように」との電話…。
ここだけの話?  大体、“ここだけ”という言葉は、“ここだけ”ではないようです。(笑)
言葉、巧み(匠)に周りを混乱するのもいいけど、その人がその言葉に責任を持ち、言葉に心からの思いがあるかないかです。

僕は友人にランクをつけるのは好きではありません。しかし現実的に大人になると色んな仲間や友人がいます。学生時代や若い時のようにはいかないこともあるし、今、この歳になって、本当の親友の出会いだってある。時間や距離の問題ではありません。

その上であえて私は冷静(第三者的)に友人に3つのタイプをつけて見ることがあります。

1.ただ集い合うだけの友人
2.夢に向かって頑張れる友人。
3.その先にある不動の友人。

人を使って(遣って)いて、コーディネート力がない人は伸びる要素が薄いと思います。やはり仕事なので、甘いことはいってられない。
もちろんチームとしても仲間としても助け合っていくことは大切だとは思いますが、その前に激闘の時代を勝ち抜いていかなければ、いくら理屈をいっても意味がありません。
特に職場でリーダーになるような人は、なおさらのこと。
結果を出すだけではなく、計画性と体力がなければなりません。さらにはリーダーとしての存在感がなければ人はついてきません。

いままで、いろんな人を見てきましたが、リーダーになっても長続きしない人は面白いように同じ共通点があります。
それは、どこかクールというか「醒めている」人です。
先程も述べたようにリーダーは結果だけ出していれば良いわけではありません。戦う気迫と存在感がなければならないのです。

もしかしたら、経営者側にも問題があるのかもしれませんが、日本のダメ経営者というのは挑戦者にはとてもシビアな考えをもっています。
2000社の赤字会社を黒字にした長谷川和廣氏も「日本人は、失敗の責任を個人に押し付けてしらんぷりしがちなのです。」といわれています。
経営者は戦うことと、失敗を恐れずに挑戦する社員を育てていく器が必要と考えます。

しかし、いくら注意をしても直らない人も現実にいます。

/箸覆蠅だらしない。

軽口をたたくが腰が重く行動力に欠ける。

J慎い妊Ε修鬚弔。

■人は見かけで判断をしてはいけないと言いますが、ものには限度があります。「身なりがだたしない」人は人間を軽く見ている証拠です。そこには自分さえ良ければいいという傲慢さも感られます。
ビジネスパートナーにはなれない人です。

●年齢に関係なく、能書きや夢を語るのはいいですが自分の行動がない。そのような「軽口をたたくが腰が重い人」は常に人まかせ。おまけに評論する。
人を育てられない人です。

◆“嘘も方便”といいますが、あくまでそのウソがどこに向いているかが問題。相手や相手側を思ってのウソなのか、自分を守るためだけのウソなのか。
結局、自分中心主義者です。リーダーにはなれません。


上記で経営者という点で見ていく上では少し違います。
■「身なりがだらしない人」
会社の作業着を作る。無精ヒゲは厳禁!出入り禁止にする。

●「軽口をたたくが腰が重い人」
自分が動かないといけない危機感と信用されなくなってしまう恐怖感という意識にたてるようにします。

◆「平気でウソをつく人」
ウソをつかれない人間関係とシステム作りが大切。
もともと人間は追い込まれるとウソをついて助かろうとする生き物といわれています。以前、私が信頼をよせていた人物から業務上、絶対についてはいけない嘘をつかれたことがありました。
ある先輩に相談した所、「ウソはつかれるほうも悪いよ」と。その時は「ちょっと、まってよ…!」と思いました。しかし冷静になって考えて見ると感情論ではなく、ビジネスという見方でいうならば、こちらが賢くなるしかないと思いました。おそらく先輩も私が小さなことで、つまずかない先手の行動をアドバイスしてくれたのではないかなと今では感謝しています。

最後に仕事とは常に【完璧を目指す努力】と【結果と利益】、そして何よりも【働く人の喜び】がなければいけないと思います。
ですから、私は価格競争の波に飲み込まれるのではなく、あくまで勝負はプロセスの重要性にこだわっていきます。
ただ、そこには人間の力を信じて、自分に好奇心能力がないと苦痛になります。 人に感動をあたえる仕事は技術はもちろんのこと、依存心を捨てて、自分の足で歩む努力と精神力がなければ本当の意味でのプロフェッショナルとしての職人、さらには、一流のビジネスパーソンになれません。
明日はカージーの誕生日だ!おめでとう!!
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

一歩の勇気

東京12チャンネルの番組【カンブリア宮殿】にサッカー日本代表の岡田前監督がに出演していた。印象に残ったのは目標と現時点の実力差の自覚。
上を目指す前の“弱さ”の自覚。
さらに徹底したコンセプト。
またその上にある「リスクを冒せ」という“もう一歩の勇気”。
岡田前監督のイメージが変わりましたね。凄いの一言です。
やはり、どんな世界も究極を追求している人は「哲学」があります。

女性は母になります。しかし男は男の子のままです。では男になるのには?
父親になること?? 形のうえではそうでしょう。
しかし男は初めから男ではないです。
男になるもの”であり、男にならなくてはいけない。
それが女性との違いかもしれませんね。だから男は強くならなくてはいけない
弱いままだと馬鹿にされます。惨めなだけです。
ましては人に感動をあたえる仕事に携わる人はなおさらです。
仕事をする私たちの自覚として、仕事が空家だろうが在宅であろうが、我々の心根にお客が「住む人」ではなく、業者であったり、お客が時間であったりと、手間取りの感覚意識では私の言っている意味が分からないかもしれません。

若いうちは何も考えもなくガムシャラに突っ走ることは大事なことではあるし、後に財産になります。原石がダイヤの輝きをはなつには磨かないといけない。シンクと同じです。(財産になるかどうかは自分次第ですけど)

ただ言えることは仕事をするうえで技術があろうがなかろうが、お金を貰って仕事をしている以上はプロなわけです。
では最高のプロフェッショナルの条件とは何んでしょうか?
それは職人すぎても評論家すぎてもいけないということ。
供給と需要の真ん中に心を置けるかどうか。
心が揺れ動いた時こそ、真剣に悩み、考え、行動することができるかどうか。

過去の栄光を振り返るだけでは20歳でも心が老人です。
70歳でも前向きで1つのことに挑戦できる人は心は青年です。
今いる場所で勝てない人が環境を変えた所で勝利できるわけがありません。
環境のせいや人のせいではないんです。環境をかえる努力をしましょう。
人ではありません。すべて自分です。そこに答えがあると思います。
GPという言葉知ってますか?まぁ、いいでしょう。(笑)

ある意味、私たちは人のストレスを解消する家の町医者です。その自覚でまた明日から頑張っていきます。岡田前監督の話しを聞く中で、そんなことを考えてた恵吉でした。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

床職人

私はもともとビルメン出身だもあり、当時の師匠も床には超厳しい人でした。ですので私も本来、床については煩いほうでした。(んっ、過去形?)
しかし、いつの間にか時間に追われる現場が多くなり、自分の持ち味が隠れてしまっていたように思います。

ある日のこと。
お手伝いにきた人が私が知らないところで床にシリコン系のワックスを塗布しました。カスレが出たため、さらに2枚目。カスレは取れず・・・。もちろんハクレません。(笑)
ワックスを譲ってくれた人からも「大事に使ってね」と言われたそうです。
ん〜。それを公団に使ったらね。(笑)
もちろん、彼の優しい気持ちも理解できます。私に喜んでほしいとの心はありがたい。しかし、もし自分でお金を出して買っていたらどうでしょうか。
余計なお世話ですが人から頂いたものほど大切に使うべきです。自分で金を出したものなら自分の責任でどう使おうと自由です。「そのことの重要さを分かってほしいな」とチョッピリ思いました。

通常、ハードコーティングというのはUVコーティングやハードプロテクト。シリコン系フロアーコーティング、油性ウレタンなどがあります。さらに「ハイテクフローリングコート」のようなウレタン配合保護剤のワックスもあり、価格も一般的にシリコン系のワックスでは高級樹脂ワックスの3〜4倍の値段がするものもあります。
ハードコーティングを否定するのではなく、あくまで私の考えですが、ハードコーティングは塗料、ペンキの部類に入ると思っていいでしょう。

まぁ、そんなことが切っ掛けで自分自身の得意分野を磨きにかけ、さらに次のステップを目指そうと思っている今日この頃です。(笑)

そこで、本日よりワックスの塗布に重きをおいて作業をすすめました。
間取り、洋室と廊下の間に見切り板があるかないか?
フローリングの張り方やエアコン使用可能か。最高室温は?また西日時の部屋の向き。そして気温、湿度の注意点など。

ワックス塗布の施工方法として、
1.スミを塗る。
2.ワックスを落とす。
3.ワックスをつぶす。
4.逆目。(ならし)
5.順目。(仕上げ)
とします。

さらに手順として、
.海了、▲呂了、ハの字、ぅ侫ロといわれる塗り方で順に移動します。これがワックス掛けの基本パターンであり、1度、ワックスを塗ったところを通らずにすばやく塗ってゆく基本方法でもあります。
あとは部屋の作りに対して応用できればよいのです。

これをマスターできればカスレやワックスの玉になるようなトラブルは90%以上は無くなります。その手順や技術がある掃除屋さんの仕上がりは素晴らしいものです。
あくまで床に関しての話ですが、現在、私のところにお手伝いにきてくれる人でこの技術が自然にできてるのは1名ですかね?

私がビルメンをしていた時代はバブル時期のド真ん中でした。モップは八寸しかありません。八寸は技術がないと塗れない。しかし八寸の基本ができていればワックス掛けの基本パターンは難しいものではありません。

どんな職業であれ、共通している点は多くあります。
たとえば畳屋さんでいえば、畳には上前(うわまえ)と下前(したまえ)というのがあり、上前作りをしっかりできてないとキレイにまとまりません。
またクロス屋さんはクロスとの重なりあう施工方法として、「重ね切り」や「突きつけ工法」などがあります。下敷きテープの使い方や道具の持ち方など様々です。
ただ全てに通ずることとして技術を実につける努力をしないで道具に使われるようでは駄目ということです。

先程のワックスがけもフラッシュモップ(フラットモップ)などの普及などにより、施工がしやすくなりました。
しかし、技術がないためにワックス量が多く使われる部分と少ない部分が分からず、玉になったりカスレが出たりとの美感が失われてしまっている現場を多く見ます。

今後は私が入る現場のみ剥離をしていこうと思います。
もちろん無料です。
そこから床を決めていきたいと思っています。
いつかブログに床のビフォー・アフターでも乗っけますね。(笑)
やはり、コヅコズ・ポリ工法を取り入れようかな・・・?
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ペット用ワックス

昨日はヨシィーと2人で川崎のY様のご自宅に「ペット用ワックス」の作業に行きました。
ワンちゃんが2匹いるご家族です。名前はメイちゃんとユンちゃん。犬種はキャバリアです。

一般的にキャバリアの性格は温和で社交的で他の犬とすぐに仲良しになります。飼い主以外の他の人ともすぐに慣れるので、番犬には適していませんが、吠えたり噛み付いたりということが少ないので、とても飼いやすい犬といえます。 またキャバリアは、とても頭がよく、いつも一緒にいる人の話や態度を理解する能力に優れているので、褒めながらしつけていくとどんどん覚えてくれるといいます。
メイちゃんとユンちゃんもとても、おりこうさんで人懐こいワカイイわんちゃんでした。

今回、足腰の調子が悪く、病院に行くと医師から「フローリング」は足腰が悪い小型犬のワンちゃんには負担がかかると言われたようです。
細かくいうとフローリング事態が悪いわけではなく、クッション性が無いフローリングでは足腰に負担がかかります。
さらに保護するためのワックスが硬いフローリングにすべりがよくなり、ワンちゃんやネコちゃんが走り回るなかでスリップが効かず、思っている以上の負担がかかってしまします。
場合によっては転倒などの事故も。。。

愛犬は家族です。ワンちゃんが、すべって起こる事故や足腰の負担から守らなければいけません。
Y様の床は2匹のワンちゃんが走りまわっています。
そのため細かいキズも多くあり、床にかなりのダメージがありました。


                 
                 bifo

                 

                 
                 afuta

当店が使用する「ペット用ワックス」は、なめても安心です。おしっこにも強い。
施工後の嫌な臭いの心配ありません。床暖房に対応できます。
シックハウス対応であり、環境ホルモン対応品です。
お手入れも硬く絞ったタオルで拭いていただいて大丈夫です。
光沢も高級ワックス並みのツヤが出ます。
是非、一度お試しください。
んっ!なんかお店の宣伝になってしまった・・・。
ヨッシィーご苦労さまでした。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP