プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

LUZ

しばらくご無沙汰してました。申し訳ないです。また書き始めます。(笑)
言い訳になりますが、体調もよくなり、ブログを書く余裕も出てきました。
昨年の8月に入院して、今年の3月まで治療をしていましたが、現在のところ問題ない状態です。ほんと仕事の仲間や地元の友達にも迷惑をかけ、心配してくれた人達に感謝の思いでいっぱいです。
この間、中学の同窓会などもありましたが、私は体調がすぐれなく欠席。また、飲み会があっても酒は飲まずに食べるのが専門でした。

さて、話しは変わりますが、震災や原発、今大変な時ですね。実は、この大変な時ほど、リーダー(中心者)の手腕が問われます。リーダーぶって、「皆を守る」と口で言う人ほど、ろくな奴はいません。(笑)

友岡雅弥氏の書のなかでも言われていることではありますが、
【自分が歩かなくても誰かが連れていってくれるという立場にある人、自分が手を下さなくても誰かが代わりにやってくれるという立場にある人を、「権力者」と言います。
「権力」とは政治家や官僚だけに存在するのでありません。自分の立場を特権的に守ろうとする時に、どこにでも、だれにでも出現するものなのです。
それは
「今のままでいい」
「違う立場になりたくない」
「異なる立場にあるもののことなど知りたくない」
「異なる立場と比べて、自分の立場が優位にあると思いたい」
と望む「深層の欲望」です。
認識においては、
「断定」
「決めつけ」
「単純化」
行動においては
「優柔不断」
「自分は手を下さない」
「他者への命令」
そして
「他者への冷たいまなざし」が、「権力」の特徴です。】
とあるように笑えるほど納得ができるものです。

本来、リーダーとは、いざという時ほど皆の傘となり、屋根とならなければいけない。そのぐらいトップの責任は大きいものです。
何事も決して簡単に出来上がるものではない。会社や組織が「信用」を得て、栄えていくには、陰に並大抵でない苦労がある。しかし、一度楽を覚えるといつしか安易に考える傾向が出てくるものです。
自分は城をつくる側にいるのか、それとも出来上がった城を眺める側にいるのかが問われる。その答えは・・・。

【LUZ〜LFE UNDER ZEAL〜】
志が高く、本気のチームが念願叶って結成!
この話しは次の機会に。
未分類 |  コメント:1  |  トラックバック(-)
TOP

心の「LEGARE」(レガーレ)

今日はリピーターのお客様所有の物件(杉並区)、1DKの全体クリーニングとクロス補修、網戸の張替え作業をしました。
そんな時、現場の近くでこんなお店の看板が・・・。

           

やきとり「銀ちゃん」!(笑)
笑える〜♪(ゴメン)
そのうち、ラーメン「壱徹」とかパブスナック「リグ」なんかあったりしてね(大笑)すいませ〜ん

先日、私立中学で元副校長で退職された方とお話しをする機会がありました。
人生の先輩曰く、「最近、脳科学について勉強をしているんだ。それによると人は、『もうダメだ!』と決めつけた時点で脳が筋肉や細胞に信号をおくるそうだよ。」と。
逆に『よし!やるぞ!』と思った瞬間から身体も反応するということだ。
その話しを聞いて思った感想は、人間は「励ましの声をかける」、「かけてくれる」友人がいるかどうか。自分ひとりというエゴではなく、志を同じ目標を持って共に戦える友なような存在がいるか?
これ、結構大事なことだと思いません?

酒木保氏の『自閉症の子どもたち・心は本当に閉ざされているのか』の本の中で、「自閉症論を執筆するにあたり、つねに頭を離れなかったのは、「人は人がわからないということろから出発したい」ということでした。たとえきわめて密な人間関係であっても、「分からなさ」を覆すことは私は不可能に近いと考えています。なぜなら人は、自分の認識を通して他人を見ているからです。自分の認識を抜きにして、物や人を見ることは果たして可能なのでしょうか。(中略)なぜ、私たちは、「分かる」ことにこだわるのでしょうか。また、社会全体が、分かる、それもとにかく早く分かることにこだわりすぎているように思います。」とあります。
なるほど。自閉症だけではなく、今の社会全体、さらに個人感においてもいえることだと思います。
もともと日本人は「島国根性」といわれます。おそらく同じ考えでないと不安なのでしょう。
私が言いたいことは、「同じ志」とは「同じ考え」とは限らないということ。
励ましの心で、相手の成長を祈り、言いづらいことがあっても、その人のことを考えて物事をハッキリ言ってくれる存在がどれだけありがたいことか。
「あいつうるせ〜な!」といって離れていっては、その人の成長はありません。心の「LEGARE」でいかなきゃね!
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

2011

2011年おめでとうございます!ブログの更新、久しぶりです。(すいません

昨年は本当に公私共に忙しい一年でしたが、今年は心に余裕を持ちながら自分らしく、頑張っていきたいと思っております。

私のお正月休みは昨年12/30〜年明け1/3まででした。
今年のお正月は特別、出かけることもなく、家族とのんびりと過ごしました。
体調がすぐれないこともありましたが、良い休暇となりました。


じゃ〜ん!我家のお節料理!! 

うちの奥さんが腕によりをかけて作りました。
(ウソ!)
実は毎年、正月ぐらいは、少しの贅沢ということで、和食料理屋で作ってもらっているお節料理です。まあ、なかなかのボリュームで味も満足しています。

2011年の抱負は「新たな挑戦」。テーマは「理想を現実にしようとする思想」の実現です。
そのために何をするのか?まだすべては言えませんが、ユーザーに対して、「さらに」「何を」していけるのか?その答えを僕なりに出していくつもりです。
言葉でいうなら、「LEGARE」(レガーレ)イタリア語で「繋ぐ」という意味。
仲間との絆、友人との友情、お客様との信頼、また意味が無いと決めつけているものを意味にすることなど、「繋ぐ」ということにこだわっていきたいと思っています。
おかげさまで、仕事のほうも1月はすでに埋まっております。
(感謝)
いずれにせよ飛躍の年にしてしていたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

エール

今日の仕事でのこと。レンジフードのカバーに…。
これ何かわかります?

タイルが、ちりばめています。(笑)
両面テープではなく、アロンアルファのような瞬間接着剤で貼り付けてました!これは取るの大変だな〜。(笑)
気の毒と思ったのか監督から「カバーは交換でいいよ!」と。
助かりました。塗装面にダメージをあたえることなく、これを取るとなるとかなりの労働だと思います。    


仕事が早く終ったので、自宅のベランダに出ると。おっ!カマキリじゃん!ん〜、そういえば、最近はあまり見てないな…。
僕の姉はカマキリがダメです。(笑)




そして、今夜はイベリコ豚の焼肉パーティーです!
           


しかし、今月は忙しいです。友人の結婚式での司会、出身の小学校60周年のパーティーや愛犬の手術…。
もうちょっと、仕事の方が忙しくなるといいんだけどね。(笑)

仕事は新しく取ることも大切だけど、リピーターにする。リピーターとの信頼の持続など、今の時代は、これで安心というものはありません。
とくに信頼を勝ち取り、維持することは大変でもあり、やりがいもあります。

基本の持続と充実。そして新たな改革。考え行動する。いくら時間があってもたりません。
そして僕の次は、5年前に行う予定だったものを方向転換していたんですが、動こうと考えています。

これからの時代は安定は望めません。であるなら、売り上げの質ということに着目していく必要性があるのではないでしょうか。
お客数の増加、客単価の見直し、リピート率の向上。
ここでは、細かい具体的な話はしませんが、1人でもできない作業ではありません。しかし、1人だとアイデアに欠ける。2人のチームが良いでしょう。
よく、物事を決めるのには奇数が良いという意見もあります。しかし、それは多数決というベクトルの見方であって、この場合は違います。
2人というペアの中で、意見をぶつけ合い、そしてアイデアをどんどん語り合い書き出し、次ぎへの実行に移ります。

ある人が言ってました「仕事の報酬は仕事」だと。
そう、「仕事の報酬はお金」ではないんですね。
【仕事+仕事=仕事or利益(お金)】この部分がね。意味があります。
いい仕事をしてこそ、物が売れる。お客様だけではなく、会社や社会にも貢献できる。これはどんな世界でもいえることだと思います。もちろん、職人の世界もね。まぁ、私が勝手に言ってることなので気にしないでください。
ただ、間違えないのは仕事を愛し、真面目に考えていけない人には分からない話しでしょうけど。

実はお知らせがあります。こちらの勝手ですが、私自身の事業に対する方向性もあり、新しい動きを考えております。その動きに集中し、時間を使いたいので、しばらくの間は(1〜2ヶ月)はブログをお休みする予定です。(予定なので、おもしろいことがあったら更新します)

最後に、このブログを見て応援してくださっている皆さんと自分自身にエールをこめて、
「仕事の結果と内容で自分の姿を表現できる人となれ!」
と申しあげ、また元気に頑張っていきます。ありがとうございました。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

こだわりの本能

最近、ついてない事が多い。仕事のクレーム、思い違い…。
自分のミスもそうだけど、使ったメンバーのクレーム等。
そんな時こそ、忙しさのせいにするのではなく、冷静に先の行動を考えます。

仕事で大切なことは【レスポンス・スピード】です。
いくらマンガや小説、またビジネス本を読んで影響をうけても実際、自分の物にならないと意味がない。

以前、ある若いメンバーの対応の遅れに
私:「どうした?○○さんに話した?」と聞く。
男:「い、いや、まだ言ってません…」
私:「どうして?」
男:「言いづらくて…」
私:「・・・・・・?」
今のうちにメンタルを鍛えないと、あと20年した時にダメ男になってしまう。
謙虚さと臆病は違う。頑張れ!応援してます!!


今日、人生観が同じと感じる友人と話す時間があった。やはり、私と同じような人生経験をされている苦労人です。人の気持ちがわかる人でもあります。
クレームでの対応や苦労。それが感謝になり、勉強になった。と。
人として、信頼ができる人です。

マニュアルではなく、仕事の技術だけでもなく、人としても仕事で評価されるには、人より一歩目の行動力が必要。その差が将来、加速度がつき、周りとの差が広がります。

ポイントは「メンタル面で引かず、臆せず大胆に!」です。結果がどうあれ、思いきり動けば次に繋がります。

逆に私が「ダメだな」と思ってしまう人は、【軽口をたたくが、腰が重い人】です。
これは、実際の歳ではなく、心の年齢です。もっと言ったら、生命力の弱さとでも言うのかな。

例えば、私が会社の上司だとします。部下に対して、
「大至急、対応してほしい!」と頼んだとします。

ここで、2つの分かれ道なんですね。
部下A:「今からでは対応は無理ではないでしょうか?」
部下B:「これは大きなチャンスですね!」

あなたは、AさんとBさん、どちらを信頼をしますか?
軽口をたたいて動きが悪い人より、上司と心を合わして、不可能なようなことでも、反応がよい部下のほうが良いに決まっています。

この11月からは大きく動きます。焦らず、臆せず、時を待ち、時を創り。
今までのことは「ありがとうございました」です。
これからは使命感で戦います。お世話になりました。
本気の人が動くとどうなるか。
こだわりの本能が動き出します。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP