プロフィール
恵吉
DTIブログ!

Search

継続は進化なり

今日は【成人の日】。もう20年以上前になるのか…。(早いですね。)
もう一度、成人になった気持ちで、自分自身の意識を高めることを含め、ちょっと、小言を少し。

最近、色んな人と対話する中で、様々なことを吸収し消化している。
元菊屋書店の大幹部の方や元都庁幹部、病院理事長や町の八百屋の店主など。
共通して感じることは、「人は動かなければ全てに勝てない」ということ。これを肝に銘じたいと思う。

皆さんが言ってたのは、
ー磴た佑マニュアルでしか動かない。また金儲けの事しか考えてない。そこに人間性を感じられない。

幹部が努力しない。苦労は自分の昔話でしかない。
この2点を感じました。

正直、私の周囲を見渡しても、あまりにも無駄な動きが多い。いくら、打ち合わせや会議を多くやったところで人は育たないですよね。

私の考えとして、個人事業者は別として、従業員を雇う場合、とくに会社であるなら、悩める人のための会社組織でなければならない。一人のための組織でなければならない。その部分を間違えると、組織は人間性を失い、必ず制度疲労を起こす。

会社のための人なのか。それとも人のための会社なのか?
昔は「大企業は人は会社の歯車。中小企業は多少、給料が少ないけど、転勤も少ないし、自分の意見が通る」こう言われてきた時もありました。
しかし、今や大企業も人材教育に必死です。だからこそ、何人従業員がいようとも1人に焦点を起さないと人材育成はできない。経営者も同じ。会社の為の経営者ではなく、経営者の為の会社でないと生きがいを感じません。

もう一点、大事なこととして、<幹部や上司が動かない>ここに組織の一凶がある。一見すると動いているように見えても、上からの打ち出しに躍らされているだけ。こういう連中が、組織悪を育み、最前線の邪魔をする。そんな人間に人を指導する資格があるだろうか。

また、銀ちゃんとも、よく話すんですが、全ての人が、責任があることを自覚して、自らが現場で汗を掻かないといけないと思います。

要は立場の違いはあるにせよ、各人の責任を放棄した組織は死んでいるということでしょう。
逆に生きた組織は報告・連絡・相談が先延ばしにならずに、しっかりしていて、皆が自信と自覚を持って職務に専念していることになります。

まぁ、小言は、これぐらいにして自分自身がその気持ちと理想を実際の現場で示していく中で言葉が現実化するので[有言実行]で頑張っていきます!

誰かが言ってたな[継続は力なり]ではない。[継続は進化なり]って。
そう、現状維持は後退と一緒です。今年は、そういう攻めの一年でありたい。
未分類 |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP